空室率対策の付加価値提案

レンタル駐車場や賃貸物件の空室にお悩みのオーナー様へ 空室率改善の鍵は収納スペース!

全国の空室率は約20%、つまり5件に1件は空室となっています。さらに世帯数の減少と賃貸物件の増加に伴い、空室率は上昇する傾向にあると言われています。

空室率改善の要は付加価値による物件の差別化。これまで『賃貸は収納が少ない』というのが定説でしたが、今後は『収納スペースがどれほどあるか』という点が入居者にとって魅力的なサービスとなることでしょう。

当社の『オサマール』はわずか1平方メートルのスペースさえあれば設置できる、世界初の多目的収納庫です。駐車場のロススペースや活用しにくい狭小地、傾斜になっている不整形地など、今までデッドスペースだったところを有効活用することにより、高い付加価値を作り出し、保有物件の差別化が可能になります。

お問合せはコチラをクリック