プライベート防災倉庫とは?

近年、豪雨災害や大規模な地震、土砂災害など様々な災害が多発していることにより、全国民の防災意識が高まっています。そのため、防災の観点から小規模な倉庫は建築物に該当しないことが明確化され、防災倉庫の迅速な設置が可能となりました。

災害に備えた事前準備のうち、各家庭で災害用備蓄品を準備しておくことはとても大切です。ライフラインが使えなくなっても一定期間被災生活が送れるように、防災備蓄は最低でも3日分、できれば1週間分が必要と言われています。

災害をきっかけに開発された当社の「オサマール」は、風速40m/sの耐風圧性能、余裕の耐荷重200㎏という安心の強度設計。(※ただし、これを保証するものではありません)プライベート防災倉庫として、各家庭の防災備蓄を収納することが可能です。

お問合せはコチラをクリック